Council Brewing Co.

The name “Council” was chosen because it conveys this sense of community; a place where peers come together to deliberate, debate, and make decisions. Council’s tasting room has a warm, inviting feeling, plenty of seating and low music – with the goal of promoting thoughtful conversations.

Council is owned and operated by Curtis & Liz Chism. Liz brews every beer one small, hand-crafted batch at a time in their 3 BBL brew house.

Council places a tremendous emphasis on creating exemplary beer, crafted to the highest standards. Each council beer is unique and extremely flavorful, with an emphasis on San Diego style West Coast IPA’s and Sour Beers. Council is world renowned for their Beatitude series of Barrel Fermented Sour beers crafted with a wide range of exotic fruits.

 

“カウンシル”という名は、日本語で”会談”を意味します。これは、ビール好きな仲間達が共に集まり、ビール作りについて様々な角度から議論し、意思決定を行うというこのコミュニティの趣旨を伝える意味合いで付けられました。
とても温かい雰囲気のカウンシルのテイスティングルームには、スローテンポの音楽が流れ、訪れる方にゆったりとした時間と会話を楽しんでもらうために、たくさんのシートも用意されています。

オーナーは、カーティス&リズ・チズム夫妻で、リズは360リットルのブルーハウスで、どのビールも少量ずつ手作業で生産をしています。

カウンシルが造るビールは、典型的なスタイルながらも、一つ上の味わいなのが特徴です。どのビールもユニークかつ、とても風味が豊かで、サンディエゴスタイルのウエストコーストIPAとサワービールを重視しています。特にさまざまなエキゾチックフルーツで作られたバレル発酵のサワービールのBeatitudeシリーズは、世界的にも良く知られています。