Pear Up Cider

ペア・アップ

The East Wenatchee cidery (ザ・イースト・ワナッチー・サイダリー)は二人の兄弟、ケビンとマーク ・ヴァン・レーネンによって創設された。お祖父さんの趣味であった、洋ナシ果樹園を活かしたいと考えたのが始まりであった。ペア・サイダー、またはperryとして知られるペアワインを造る、というアイディアは、二人がロンドンに行った際、本格的なperryに触れ、現実味を帯びるものとなった。その後、社名をPEAR UPと改め、アメリカでは数少ない、洋ナシサイダーの作り手となったのだ。

PEAR UPは現在、Pear Essentials(ペア・エッセンシャル)、 Pearfect Pie(パーフェクト洋ナシパイ)、 Raspeary(ラズベリー&ペア)、Ginger Pear(ジンジャー・ペア)、Hoppin’ Pear (ホッピン・ペア)、そして Watermelon(スイカ)を含む6種のレギュラー商品の他、Cranpeary Caramel(クランベリー・ペア・キャラメル)とPumpkin Pear(パンプキン・ペア)の季節商品を交互に作っている。

生産量は年間約2万ガロン。主に地元のワシントン州、そして近隣のオレゴンなどで販売しており、最近日本への出荷が始まった。くれぐれも洋ナシ・フレーバーのアップル・サイダーと混同しないように!PEAR UPのサイダーは究極の本格Perryなのだ。