Rip Current Brewing

醸造家のポール・サングスターは、1990年代初めから、自宅でビールを造っていました。2008年からは、スタイルの複雑さを学び、醸造のプロセスを改善する目的のために頻繁に醸造をするようになりました。 自宅でのビール造りを始めて以来、ポールは数多くの大会に出品し、150個を超えるメダルを獲得していますが、これにはBJCP全てのカテゴリーでそれぞれ獲得したメダルの数が含まれています。また、2011年には、ニンカシアワードを受賞しました。これはナショナル・ホームブルー・コンペティションの中でも最高の名誉です。

ポールはビール審査員としても活躍しています。2009年にビールジャッジ認定プログラム(BJCP)からマスターランクを取得しました。 サンディエゴ地域でマスターランクを取得したのは、ポールで3人目です。

リップ・カレントは、ジューシーなIPAから、モルト主体のボックスタイル、インペリアルスタウトとまで、幅広いスタイルのビールを造っています。 アルコール度数が高いにも関わらず、すべてのビールは完璧で危険なくらい飲みやすい味わいです。 注意しないと、Rip Current(離岸流)があなたを沖に連れて行ってしまいますよ!